消費者金融の金利は不透明とばかりはいえない

消費者金融の金利は初めてのキャッシング審査申し込みでは上限が適用される傾向にあります。
それだけがわかっている、そう思っているなら利息制限法を思い出しましょう。
・元金10万円未満は上限金利20.0%
・元金10万円以上100万円未満は上限金利18.0%
・元金100万円以上は上限金利15.0%
これを覚えていれば消費者金融の金利がわかりやすく変わってきます。
例えばアコムの金利4.7%〜18.0%があります。
初回申し込みでは30日間の無利息がありますが、それがなかったと仮定しても10万円未満の借り入れでは利息制限法に基づくと本来は20.0%まで設定ができます。
しかし上限金利が18.0%になっていますので利息制限法の上限金利よりも10万円以下の借り入れの時には2%低い金利で借り入れができることになります。
またスルガ銀行ダイレクトワン4.9%〜20.0%の金利があります。
スルガ銀行というと銀行カードローンというイメージがありますがこちらは消費者金融です。
上限金利が高いことがわかりますがこの金利も借り入れ金額10万円未満の時にだけ適用されるものです。
借入金額が10万円以上になると利息制限法に基づいて上限金利が18.0%になります。
消費者金融の金利は高い、そして18.0%と20.0%であれば間違いなく18.0%を利用する、そのような傾向があります。
しかしそれは利息制限法を知らないからこそ言えることでしょう。
利息制限法を知っていれば借り入れ金額を考えた金利を見つけることができるはずです。
全ての消費者金融は確かに金利が不透明です。
銀行カードローンは融資限度額に応じて金利が決まりますが消費者金融はそうではありません。
どのようにすれば金利が引き下げになるのかも明確ではありません。
噂程度は聞いたことがあるでしょう。
増額をすれば金利が下がる、利用が長ければ金利が下がる、そのようなことは言われていますがすべての利用者に対してそれが実際にあるとは限りません。
実際に増額をしても金利が引き下げにならなかったという方は非常に多いものです。
銀行カードローンの金利は融資限度額に応じて引き下げになるため、低金利を目的に増額をすることもありますが消費者金融ではそうはいかないということです。
しかし利息制限法を知ることで全くの不透明ではなくなります。
消費者金融を利用するのであればその金利の仕組みを理解しておきましょう。

土日に消費者金融で借り入れたいとき

既に消費者金融の契約が完了しており、いつでもカードが利用できる状態になっているのであれば土日でも借り入れができる方法があります。
プロミスを例にしてみましょう。
土日であれば店頭窓口であるお客様サービスプラザは利用ができません。
また通常銀行口座への振込キャッシングは利用ができません。
しかしそれ以外であれば土日でも自由に借り入れをすることができます。
・提携コンビニATM
・三井住友銀行ATM
・プロミスATM
・三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座への振込キャッシング
これだけ土日でもキャッシングができる方法があります。
ここではプロミスを例にしてみましたが、それ以外の消費者金融でも基本的には提携コンビニATMが利用できます。